消費者金融ブラック

ブラックリストとは

ブラックリストとは通称のことで、信用情報機関の事故情報のことを指します。消費者金融など
の金融業者は借り入れ審査の際、必ず信用情報機関の個人情報をチェックしなければなりません。

その個人情報の中で、融資申込者が事故情報に登録されていれば、ほぼ100%の確率で審査で
落とされてしまいます。それほど事故情報の影響は大きいということです。

ブラックリストに登録される主な理由は、以下のような内容です

  1. 過去五年以内に自己破産(債務整理)をしている。
  2. 金融業者への支払いを遅延している。
  3. 分割払いの携帯代金を踏み倒している。

登録期間は5年〜7年と言われていますので、どうしても融資を受けたいと考えるなら登録抹消
後に申し込めば新たに審査を受けることが出来ます。

また、自分がブラックかどうかわかりかねない人は、最寄りの信用情報機関へ身分証明を持参の
上、開示請求をすれば閲覧することが可能です。

違法業者に注意!

あまりにも極端に審査が甘い金融業者を選びすぎていると、貸金業登録をしていない無登録業者
(ヤミ金融)に出くわしてしまうケースがあります。審査の甘さを追及していくと、最終的には
ヤミ金融に突き当たってしまうのは必定
で、それ以前の段階で歯止めをかけることが必要です。

貸金業登録をしていない違法業者は、利息制限法の上限金利など守らはずもなく、借りるあての
ない多重債務者の足元をみて高金利での融資を吹っかけてきます。また、貸金業規制法で定めら
れた取り立てに関する規制についてもお構いないで、支払いが遅れると過酷な取り立て行為を覚
悟しなくてはなりません。

また、詐欺のような金融屋も多重債務者をカモにしようと虎視眈々と狙っていますので、融資先を
選ぶ際には十分な注意と知識が必要です。

0

借入先を選ぶポイント

まず、第一に貸金業登録をしている業者であることです。規制法によって、登録番号を看板やチ
ラシに掲載する規則になっています。もしも登録番号を記載していなければ、それは十中八九違
法業者です。

また、貸金業登録をしているにもかかわらず、違法行為をしている業者もいますので、登録して
いるからといって安心をしてはなりません。違法行為というのは、上限金利の厳守です。
利息制限法で定められた上限金利は以下の利率です。

  • 【10万円未満の借り入れの場合】20.0%
  • 【10万円〜100万円未満の借り入れの場合】18.0%
  • 【100万円以上の借り入れのばあい】15.0%

消費者金融の場合、10万円〜100万円での取り引きで占められていますので、上限金利は
18.0%と覚えておいたほうがいいでしょう。もしもそれ以上の利息を取っていれば、それは
違法行為ですので、超える分は支払う必要がありません。

審査の際の注意点

借り入れ審査の申し込みをするにあたっては、以下の方法があります。

  1. webサイトからの申し込み(スマホ、パソコン)
  2. 自動契約機での申し込み
  3. 郵送での申し込み
  4. 店舗窓口での申し込み

一番手っ取り早いのは、自宅からスマホやパソコンで申し込む方法です。大手や中堅の消費者金融
は自社のwebサイトを持っていますので、そのサイトから申し込むことが出来ます。ただ、審査が
緩い金融会社は零細が多いので、webサイトからの申し込みは不可能です。

自動契約機は、90年代に大ヒットして顧客倍増に貢献した機器ですが、ネットの普及とともに今
ではあまり見なくなりました。無人といっても、実際はカメラで社員に見張られた上にマイクであ
れこれ指示されますので、窓口審査と左程変わらないのが実態です。

審査の緩い金融業者は、個人経営の零細業者が多いことから、このタイプの審査は店舗窓口となり
ます。初めての人は気が引けると思いますが、審査自体はマニュアルに沿って粛々と進められてい
きますので、それほど難しくはありません。ただ、勤務先を偽ったり、偽名を使ったりする行為は
、直ぐにバレてしまいますので、やめたほうがいいです。

0借りれなくてお困りの方はコチラ
消費者金融