消費者金融

キャッシングをする前に

キャッシングをする前に確認しておくことは、貸金業者からお金を借りれば、元金と併せて金利
を支払わねければならないことを自覚しておきましょう。

現在の上限金利は18.0%なので、昔と比較すれば各段に低くなっていますが、長期の借り入
れになれば、そこそこの金額になってしまいます。したがって可能な限り低い金利で借りること
が重要です。

無登録業者は回避する

貸金業を営むには、必ず所轄の都道府県知事への貸金業登録をしなければなりません。登録をして
いない業者は違法業者ということで、取り締まり対象となる金融屋です。そういった違法業者の多
くは、法外な利息をとっていますし、違法な取り立て行為もしています。

昭和の時代では、こういった形態の業者は違法ではなかったため、跳梁跋扈していたわけですが
、今では完全な違法業者です。

また、貸金業登録以外にも、貸金業協会や日本消費者金融協会の会員であれば、問題ないでしょ
う。違法行為をするような業者は、これらのような協会に入会することは不可能だからです。

0

甘い広告には要注意

借り入れ先を選んだ理由で一番多いのが、広告チラシです。webサイト上にも無数の広告が並ん
でいますが、書かれていることが大ウソであることも少なくありません。

たとえば、以下のような内容の広告はすべて虚偽です

  • 無審査で融資可能・・・実際はクレジットカードの商品枠を使った現金化のことです。
  • 無職でも融資可能・・・無職でお金を貸す業者は絶対ありません。これもクレジットカードの現金化でしょう。
  • ブラックでも可能・・・信用情報機関の事故情報に登録されていれば審査には通りません。ヤミ金融の類でしょう。
  • 低利で債務を一本化・・多重債務者がこの手の話に引っ掛かりますが、手数料だけ取られて騙されるのが関の山です。
  • 個人融資します・・・・これも詐欺の手口です。どこの馬の骨とも分からない相手に、お金を貸すはずがありません。

誰でも貸すような業者

いくら多重債務者を専門に扱っている貸金業者といえども、誰でも貸すというわけにはいきません
。多重債務者はいわば自己破産予備軍ですので、いつ支払い不能になってもおかしくない人たちで
す。

そういった人にお金を貸すことは、大きなリスクを伴いますので、彼らも融資をする相手を見て
います。あまりにも危険な相手(返済不能になりそうな相手)だと判断されれば、融資は不可と
なります。

ただ、やはり誰でも貸すような業者は危険が一杯です。ヤクザと関係があるでしょうし、支払いが
滞ったりすれば大変な事態になります。